お茶の入れ方

【割れない透明急須レビュー】煎茶堂東京のおしゃれな急須が素敵すぎ!

2021年5月1日

【割れない透明急須レビュー】煎茶堂東京のおしゃれな急須が素敵すぎ!

煎茶堂東京さんの「割れない透明急須」を使ってみましたが、とにかく素敵な急須でした(笑)

茶太郎
ものすごくおしゃれ&使いやすくてびっくりです。

使ってみて思ったことを簡単にまとめると、こんな感じになるかと思います。

  • すごくおしゃれ
  • 省スペースが嬉しい
  • 注ぎ口からこぼれにくい
  • 後片付けが楽
  • 一人でゆっくり楽しむ用

といった感じです。

とにかくお茶を淹れるのがすごく楽しくなりました。(正直これが一番笑)

この記事では、そんな割れない透明急須の特徴や使ってみた感想をレビューします^^

とにかくおしゃれな透明急須

とにかくおしゃれな透明急須

割れない透明急須はとにかくオシャレ。

商品の梱包箱からして既におしゃれです。

割れない透明急須_箱

高級感すら感じるデザイン。
タマ

中を開けてみると、 透明急須が現れます。

割れない透明急須_開封

実際に商品を見てみると、 確かに小さい。

形としては、急須というよりも宝瓶に近いなぁと思います。(サイズも同じくらい)

【割れない透明急須レビュー】実際に使ってみた

割れない・熱くない・省スペース

割れない透明急須の特徴の代名詞ともいえるのが、この三つ。

  • 割れない
  • 熱くない
  • 省スペース

急須本体は、特別な技術による極厚な樹脂を使用しているため、割れることもかけることもないそう。

しかも、内部は二重構造になっているためお湯を注いだ後も、直接持つことができます。

割れない透明急須_二重構造

そして、形状からもわかるとおりサイズがかなり小さいです。

通常の急須と比較するとこれだけの差があります。

割れない透明急須_省スペース

注ぎ口の小ささや、取っ手がないから省スペースになるんだね。
タマ

同じものを重ねることもできるため、何個あってもかさばらない設計になっているそう。

注ぎ口からこぼれにくい

実際に使ってみると、 注ぎ口から抽出液が漏れにくく、 ほとんどこぼれません。

割れない透明急須_淹れてみた

ものによっては外に口から零れてしまうことがあるのですが、 そういったことがないのでいいと思いました^^

茶太郎
よく、注ぎ口からこぼれてテーブルを濡らしてしまうことがあるのです。

後片付けが楽

後片付けが楽

割れない透明急須は、茶こしが分離できるようになっているため、お茶を入れた後は茶殻をすぐに捨てることができます。

茶殻を捨てた後は、水で流すだけなので洗いやすい。

つまり、後片付けが楽。
タマ

茶こしが分離できないタイプは、急須と一緒に洗う必要があります。

茶渋が残ってしまうことがよくありますが、そういったことがないのも嬉しいポイントです。

一人でゆっくり楽しむ用です

一人でゆっくり楽しむ用

容量が120mlなので、煎茶であれば一人分用。

玉露であれば二人様で行けるぐらいの感じです。(玉露は一杯の容量が少ないため)

つまり大人数に入れるのは厳しいね。
タマ
茶太郎
どちらかと言うと一人でゆっくり楽しむ用の急須かな。

一人でゆっくり休みたい時、ちょっとした休憩時間に楽しくお茶を入れたい時になどに使うのがベストかなと思います。

「割れない透明急須」で美味しいお茶をおしゃれに淹れよう!

「割れない透明急須」で美味しいお茶をおしゃれに淹れよう!

普通の急須を使っている人でも、新しい発見ができると思うので「割れない透明急須」は是非おすすめです。

普段使いとしても良いですし、ギフトとしても喜ばれる商品だと思います^^

茶太郎
ちょっとおしゃれなワンランク上のお茶好きになりたい方は、一つ持っていても良いかと。

個人的にはかなり気に入った商品でした^^

割れない透明急須で、おしゃれなおちゃらいふを是非。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-お茶の入れ方

© 2021 おちゃらいふ