お茶の種類

番茶のメリットは?デメリットもあるのかをまとめてみた。

番茶のメリットは?デメリットもあるのかをまとめてみた。
ユーザー
よく番茶を飲むけど、番茶ってどんなメリットがあるの?
逆に、デメリットはあるの?
ユーザー

ということが気になる方へ。

茶太郎
どうも、夜は晩茶でほっこりもする茶太郎です。

番茶のメリット・デメリットを簡単にまとめると次のようなことだと思います。

  • 体に優しい(メリット)
  • 飲みやすい(メリット)
  • 安い(メリット)
  • 成分が少ない(デメリット)

特に番茶のメリットとして大きいのは、 体に優しいことかと思います。

この記事では、紹介したメリット・デメリットの詳しい内容を解説していきます。

番茶の3つのメリット

番茶の3つのメリット

番茶の3つのメリットの、理由や詳細をまとめてみました。

【メリット1】体に優しい

体に優しい最大の理由は、 番茶のお茶っ葉そのものに成分があまり含まれていないからです。

茶太郎
体に負担のかかる「カフェイン」や「 カテキン」 などはほとんど含まれていません。

妊婦さんや子供などは、カフェインの摂取量に制限がかかるため、番茶を好んで飲まれる傾向があります。

また普通の成人でも、寝る前にカフェインを飲むと睡眠を取りづらくなることもあるため、夜に飲むお茶として選られることもしばしば。

カフェイン情報はコチラ

緑茶のカフェイン量はどのくらい?ペットボトルや茶葉の含有量まとめ!妊娠中や子供は飲めるの?
緑茶のカフェイン量をまとめて紹介。成人・寝る前・妊娠中・子供が飲める量も検討してみた。

緑茶のカフェイン量をご存知でしょうか? カフェインは苦みに関わる成分であると同時に、覚醒作用・利尿作用・集中力を高めるなどの効果が期待できます。 しかし飲みすぎによる副作用も何点か報告されていることか ...

続きを見る

カテキンも、健康面での注目成分ではありますが、飲み過ぎるとお腹に負担かかることもあります。

このため、番茶は体に優しいと言えます。

【メリット2】飲みやすい

メリット1で紹介したように、 番茶成分が少ないため、味はそれほど濃くありません。

さっぱりとした味は、いろんな人に飲みやすいと言われる味です。

茶太郎
赤ちゃんでも飲める番茶もありますよ。

旨み成分であるテアニンや、渋み成分であるカテキンを多く含むお茶は、人によっては飲みにくいという方もいます。

このため、飲みやすいということも番茶のメリットのひとつです。

【メリット3】 遅い時期に摘むから安い

番茶がは「3番茶」や「4番茶」などの遅い時期に摘むため、安価で提供されることが多いです。

茶太郎
遅い時期に積まれるので、”晩”茶とも言われるんですよ。

若い芽で摘まれる「一番茶」や「二番茶」は、お茶っ葉の栄養を多く含んでおり、旨み・甘みを楽しむことができるため高価になる傾向にあります。

遅い時期に積むと、栄養を出し切った状態で成長してくるため、栄養をそれほど多く含んでいないことから安価で提供されます。

遅い時期に積まれる番茶は、栄養が少ないから安いんだね。
タマ

また、煎茶を選別する際に、選別漏れをしたものも番茶として使用されることが多く、下級茶として選別されるため安価になることもあります。

番茶のデメリットは成分の少ないこと

番茶のデメリットは成分の少なさ

番茶のデメリットとして挙げられるのは、メリットでも紹介しましたが「 成分の少なさ」だと思います。

特に、緑茶はカテキンが健康面で注目されることが多くなってきました。

成分が少ない番茶には、 カテキンの含有量が少なく、 健康志向の方にとっては進んで飲むお茶ではないのかもしれません。

茶太郎
カテキンが必要であれば、煎茶などが向いています。

お昼の眠気がある中、眠気覚ましにカフェインを摂取する方にも番茶は向いていません。

カフェイン自体が少ないので、カテキンと同じく煎茶やもしくは玉露などが向いていると思います。

ただし、飲みすぎには注意!!
タマ

優しいお茶を飲みたい人は番茶で決まり

優しいお茶を飲みたい人は番茶で決まり

番茶のメリットとデメリットを紹介してきました。

緑茶に期待される、健康面の活躍は難しい種類になりますが、そのぶん体に負担がかからないため飲みやすいお茶だと思います。

苦味や渋みが少ないぶん、さっぱりとした味わいが飲みやすいという方も多くおられます。

茶太郎
特にカラダにやさしいお茶を飲みたいと思っておられる方におススメだと思います。

以上、番茶の紹介でした。

今日も素敵な番茶らいふを^^

ほうじ茶との違いもチェック!!

ほうじ茶とは?意外な効果が期待できる反面、デメリットもあることに注意。
ほうじ茶とは?意外な効果が期待できる反面、デメリットもあることに注意しましょう。

よくスーパーなどに売っている「ほうじ茶」ですが、煎茶や玉露などとの違いはわかりますか? 茶太郎ほうじ茶は、茶葉の色が違うだけでなく、他にもいろいろな違いがあります。 同じ「緑茶」の仲間だけど、期待効果 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-お茶の種類

© 2021 おちゃらいふ Powered by AFFINGER5