お茶の知識

ほうじ茶とは?意外な効果が期待できる反面、デメリットもあることに注意しましょう。

ほうじ茶とは?意外な効果が期待できる反面、デメリットもあることに注意。

よくスーパーなどに売っている「ほうじ茶」ですが、煎茶や玉露などとの違いはわかりますか?

茶太郎
ほうじ茶は、茶葉の色が違うだけでなく、他にもいろいろな違いがあります。
同じ「緑茶」の仲間だけど、期待効果やデメリットが違うんだよね。
タマ

この記事では、ほうじ茶とはどんなお茶か?を簡単に解説して、他のお茶と比べた時の、成分や期待効果の違いなどをまとめて紹介します。

この記事でまとめた内容

  • そもそもほうじ茶ってどんなお茶?
  • カフェイン量はどのくらい?
  • どんな効果が期待できるの?
  • 期待効果をもっと楽しく感じる方法
  • ほうじ茶が持つ3つのデメリット

気になる内容があれば読んでみてください^^

ほうじ茶とはどんなお茶なのか?

ほうじ茶とはどんなお茶なのか?

まずは「ほうじ茶とはどんなお茶か?」を説明していきます。

茶葉を焙煎したお茶

ほうじ茶は、番茶などのお茶っぱを褐色になるまで強火で焙煎製造されたものです。

茶太郎
焙煎とは水や油を使わずに、食材を火で加熱することです。
「焙じる」とも表現されるため、ほうじ茶の語源は「焙じ茶=ほうじ茶」なんだよね。
タマ

スーパーなどで販売されているほうじ茶が、緑茶と違って茶褐色になっているのはこのため。

高温で焙煎することにより、本来茶葉に含まれる成分が少なくなり、苦みや渋みが少くなります。

火と一緒に、いろいろな成分がなくなるんだね。
タマ
茶太郎
その代わりに、味はさっぱり・香りは香ばしくなります。

一番茶の茎などを使用した「高級棒ほうじ茶」などもある

スーパーなどで販売されているほうじ茶は、二番茶などの「若干ランクが落ちる茶葉」を焙じていることが多いです。

これらのほうじ茶でも、十分美味しいさ、香ばしい香りを楽しめますが、世の中には「上質な茶葉や茎」などを使用したほうじ茶も存在します。

これは急須で淹れたくなる(笑)
タマ

有名どころでは石川県金沢市発祥の「加賀棒茶」というブランド。

このほうじ茶は「一番茶の上質な茎を使用したお茶」で、香りも美味しさも正直段違いです。

茶太郎
個人的に、最高に気に入っているお茶のひとつです(笑)

このお茶の香りを嗅ぐだけで、幸せな気分になってしまうくらい、高級ほうじ茶の魅力は大きいと思います。

超おすすめの棒茶(ほうじ茶)

献上加賀棒茶を自宅で味わう!口コミとレビュー!茶香炉の破壊力がやばい!
【丸八製茶場】加賀棒茶の最高峰「献上加賀棒茶」をいただく。一度は感じて欲しい味と香り。

今回ご紹介したいのは”金沢の絶品棒茶” 茶太郎その名も、献上加賀棒茶。 ちなみに、棒茶は「ほうじ茶」の一種です。タマ 先日、金沢の「一笑」という素敵すぎるお店で献上加賀棒茶をいただきました^^ お店の ...

続きを見る

超おすすめの棒茶(ほうじ茶)その②

藤岡園の富山棒茶がうまいがやちゃ!加賀棒茶だけじゃない!北陸が生んだ棒茶の名作を紹介!
【藤岡園】富山棒茶をいただく。富山が生んだ棒茶の名作がうまいがやちゃ!

ほうじ茶が好きなそこのあなた! ペットボトルでは味わえないほうじ茶を飲んでみませんか? そう・・・・ 富山棒茶でね(∩´∀`)∩ 富山棒茶はほうじ茶とは思えないほどのうま味! そして甘みが味わえます! ...

続きを見る

お湯で時間をかけずに、さっと淹れることがポイント。
タマ
茶太郎
食事の後の飲み物としても、一息つきたい時にもおすすめですよ。

ほうじ茶に期待できる効能は?

ほうじ茶に期待できる効能は?

ここでは、ほうじ茶が持つ体に嬉しい期待効果に関して、紹介します。

一番期待できるのは「リラックス」

ほうじ茶に最も期待できる効果は「リラックス」になります。

高級ほうじ茶の中でもふれましたが、なぜかほうじ茶の香りを嗅ぐだけで、のんびりした気持ちになることが多いです。

茶太郎
なぜか、嗅ぐだけで不思議とゆったりできます。
実はこの現象には、しっかりと理由があるのです。
タマ

茶葉を焙煎すると「ピラジン」という成分が生成されます。

この成分は、「リラックス」を促す効果が期待できることがわかっており、ほうじ茶の香りのもとでもあります。

茶太郎
煎茶などは焙煎を行わないので、ピラジンが発生していないんですね。
つまり、「リラックス」はピラジンを持つ"ほうじ茶限定"なんだね。
タマ

茶香炉を使えばさらにパワーアップ

ほうじ茶の香りをパワーアップさせる、素晴らしい茶器があります。

茶太郎
それが、茶香炉という茶器。

茶香炉は、皿に茶葉をのせて、下からろうそくで炙ることによって、茶葉の香りを楽しむことができるものです。

お茶を飲むことはできませんが、香りを楽しむのであれば、茶香炉は本当に素敵な茶器なのです。

お茶アロマとも言われます。
タマ
茶太郎
茎茶などで使用することも多いですよ。

ほうじ茶の香りが好きな方、ぜひ茶香炉に調整してみてはいかがでしょうか?^^

ほうじ茶にはデメリットもある?

ほうじ茶にはデメリットもある?

ほうじ茶の説明や、成分・期待効果について話してきました。

味もさっぱり、香りも嬉しいほうじ茶ですが、煎茶や抹茶などと比較するとデメリットも見えてきます。

デメリット①:カフェイン

最初に紹介するデメリットは「カフェイン」

ユーザー
え?焙煎しているからカフェインは少ないんじゃないの?

と思われる方も多いと思いますが、実はほうじ茶にはそこそこのカフェインが含まれます。

日本食品標準成分表を参考にすると、ほうじ茶に含まれるカフェイン量は「17mg/100ml」となっています。

茶太郎
数値ではわかりにくいですが、煎茶などと比較してもそれほど大差がない量なのです。
飲みやすい分、寝る前にたくさん飲むと、寝付きにくくなる可能性もあるってことだね。
タマ

「ほうじ茶=カフェインが少ない」と思われがちですが、しっかりと量を含んでいるため、カフェインに気を付けたい方には注意が必要かと思います。

もっと詳しく知りたい方は

緑茶のカフェイン量はどのくらい?ペットボトルや茶葉の含有量まとめ!妊娠中や子供は飲めるの?
緑茶のカフェイン量をまとめて紹介。成人・寝る前・妊娠中・子供が飲める量も検討してみた。

緑茶のカフェイン量をご存知でしょうか? カフェインは苦みに関わる成分であると同時に、覚醒作用・利尿作用・集中力を高めるなどの効果が期待できます。 しかし飲みすぎによる副作用も何点か報告されていることか ...

続きを見る

デメリット②:カテキンの少なさ

もうひとつのデメリットは、「他の緑茶と比較した時のカテキン(タンニン)の少なさ」。

ユーザー
え?カフェインは消えないのに、カテキンは少ないの?

と思ってしまいますが、どうやらそのようです(笑)

カテキンは、緑茶から摂取できるいろいろな健康成分として注目されていますが、ほうじ茶ではこの成分が摂りにくのが痛いところです。

茶太郎
なので、カテキンを意識して摂りたい人にとっては、おすすめできないのかなとも思います。

デメリット③:アクリルアミド

最後に紹介するのは、ほうじ茶が持つアクリルアミドといる成分が持つデメリット。

この成分は、ピラジンなどと同じく、「焙煎することにより発生する成分」であり、体に及ぼす可能性しては下記のような記載があります。

スウェーデン食品庁とストックホルム大学が、揚げたり、焼いたりした馬鈴薯加工品や穀類加工品に、おそらく発がん性があるアクリルアミドが高濃度に含まれる可能性があることを、2002年に世界で初めて発表しました。

引用農林水産省_アクリルアミドとは何か

農林水産省のページには、このアクリルアミドは、ほうじ茶にも含まれていることが明記されています。

茶太郎
こういった影響に対して、気になる方にとっては、控えた方が良い食品だということですね。

以上、ほうじ茶に関する紹介記事でした。

それでは、今日も素敵なおちゃらいふを^^

-お茶の知識

© 2020 おちゃらいふ