日本茶

【茶三代一】八雲白折(赤印)を飲んでみた!島根の美味しいお茶!

茶太郎
白折茶で有名な銘柄のひとつ「八雲白折(赤印)」を飲んでみました!
口コミでも美味しい声多数の気になるお茶!
タマ

「白折茶」は緑茶の中でも高級な玉露・抹茶の茎を使用した贅沢品。(なのに安い笑)

茶太郎
実際に飲んでみると、まろやかな味でほっこりしました!

茎茶が苦手な方でも、満足できるお茶なのではと感じました^^

この記事では、そんな「八雲白折(赤印)」の紹介や、飲んでみた感想などをまとめてみました。

八雲白折(赤印)はどんなお茶?

八雲白折(赤印)はどんなお茶?

「八雲白折」は、茶三代一さんから発売されている白折茶シリーズ。

発売から60年も経っているブランド茶です。

ランクによって”印”の種類が変わる!

  • 天印
  • 金印
  • 銀印
  • 赤印

ちなみに「天印」が最高級品。

「銀印」でもモンドセレクション受賞歴があり、今回選んだ赤印はすっきりとした味わいが特徴とのこと。

茶太郎
パッケージの色も赤を強調したデザインになっているのも面白いですね。
今度は天印を飲みたいところだ・・
タマ

Amazonの口コミでも「うますぎる!」みたいな口コミがたくさんある、美味しいお茶なのだと思います。

袋を空けてみると、これぞ白折と言わんばかりに茎が入っています。

八雲白折_茶葉

空けた瞬間はお茶の芳醇な香りと、塩っぽい香りが混ざったような新しい感覚。

茶太郎
ちなみに抹茶入りなので、茎に抹茶の粉がまぶしてありますね。
抹茶が苦手な人はちょっと厳しいかもしれないね。
タマ

八雲白折(赤印)を飲んでみた!まろやかで独特な味わい!

八雲白折(赤印)を飲んでみた!まろやかで独特な味わい!

茶太郎
「八雲白折(赤印)」の淹れてみた内容や、感想をまとめてみました!

お湯の温度を低くして淹れる

淹れ方については、商品パッケージ裏側に3人分で記載されています。

参考にしつつ1人分のお茶を入れてみました。

こんな感じで作ってみました!

  • 茶葉の量:2g
  • お湯の量:80ml
  • お湯の温度:70℃
  • 抽出時間:90秒

高価なお茶は、お湯の温度が低めに設定される傾向にあります。

「やはり八雲白折も高級茶の分類・・」

なんて思いながらお茶を入れました(笑)

まろやかな味!すっきり飲みやすい!

まろやかな味!すっきり飲みやすい!

実際に淹れてみたお茶がコチラ。

なんて美しい緑色!
タマ

香りをかぐと、お茶独特の甘さが伝わってきます。

そして飲んでみると・・

茶太郎
かなりまろやかですっきり目の味です!茎茶独特の塩っぽさも少な目で飲みやすいですね!
飲む瞬間の香りがたまらん!これぞほっと一服できるお茶って感じだ。
タマ

渋みもほとんどなく、煎茶などで味わえない白折の味わいを楽しめました。

茶太郎
「お茶で一服」にふさわい味わいでした!

白折茶の塩っぽさが独特で、少し苦手な人もいるとのこと。

そんな方でも「このお茶なら美味しく飲めるのでは!?」と思わせてくれる逸品でした^^

茶三代一さんのお茶は通販で購入可能

茶三代一さんのお茶は通販で購入可能

今回飲んでみた「八雲白折(赤印)」に限らず、茶三代一さんの商品は大手通販サイトで取り扱いが豊富です^^

茶太郎
特に楽天での取り扱いが多かったので助かりました。
Amazonやヤフーショッピングでも買えるので、購入する場合はいつも使っている通販サイトが使えて便利。
タマ

白折茶ってどんなお茶?と気になった方や、茎茶はちょっと苦手・・といった方でもおすすめです!

それでは、今日も素敵なおちゃらいふを^^

八雲白折_詳細

「八雲白折(赤印)」の詳細一覧
名称 抹茶入りくきブレンド茶
内容量 150g/200g
原材料 緑茶(国産)/抹茶(国産)/こけい茶(緑茶、青海苔)//調味料(アミノ酸等)
賞味期限 商品に記載
保存方法 高温・多湿・移り香を避ける
製造者 有限会社 茶三代一
連絡先 0853-28-2123
所在地 島根県出雲市長浜町729-6

同じく島根から美味しい雁り金も!

【お茶の香里園】上雁ヶ音「出雲の里」を飲んでみた!島根の甘い味を味わう!
【お茶の香里園】上雁ヶ音「出雲の里」を飲んでみた!島根の甘い味を味わう!

茶太郎島根の甘いお茶で有名な「出雲の里」を飲んでみました! 販売してくれる「お茶の香里園」さんの一番人気で期待大!タマ 今回飲んでみた「出雲の里」は、煎茶や玉露といったお茶っぱではなく、茶葉の茎の部分 ...

続きを見る

日本茶の銘柄まとめ中!

日本茶の銘柄をまとめて紹介。それぞれの産地や特徴をまとめてみた。
日本茶の銘柄をまとめて紹介!それぞれの産地や特徴をまとめてみた!

この記事では、地方ごとの日本茶の銘柄とその特徴をまとめてみました。 茶太郎まとめてみた日本茶の銘柄が、コチラになります。 日本茶銘柄まとめ 関東地方 黒羽茶(栃木県) 猿島茶(茨城県) 奥慈悲茶(茨城 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-日本茶

© 2021 おちゃらいふ